高齢者の人たちが住みたい国立市

東京都西南部に位置する街、それが国立市です。側に府中があり、府中も人気の街ですが、高齢者などは特に国立市に住みたいという声を聞きます。

国立市という名前は、国分寺と、立川の真ん中にあると言う意味であり、 府中以外、側に国分寺、立川、日野という街に満たされています。桜の名所である大学通りがあることでも、国立市の名前を知っている人たちが多くいらっしゃるのではないでしょうか。

高齢者の人たちがこの街に住みたい理由は、しっかり区画整理されて街が作られているのと同時に、自然が満ちあふれていることです。高齢者にとってこの二点が大事なポイントになります。

若い人たちなら、その街は寝るだけに利用するための率が高く、その街がそれ程充実していないでも、移動する街が満たされていれば満足出来る状態だとしても高齢者の場合は違います。

それ程ショッピングに満たされる必要はないのかもしれませんが、買い物もある程度利便性が高い必要はあり、かつ日々を居心地よく過ごすことが出来る、自然の香りが必要です。国立市の街を歩けば、私達は同時に歴史の臭いを嗅ぎ取ることも出来るでしょう。

市の高齢者に対しての取り組み

国立市は高齢者に対しての取り組みがしっかり成されていると言われています。今、私達の現代社会は高齢化社会に向かい、一番市が積極的に取り組んでいかなければならない問題であり、かつまだまだ行き届いていない部分です。

だから高齢者に対しての取り組みは、市によってかなり差があると言うことも言えます。

国立市は高齢者の自立を積極的に支援を行ってくれています。生活を支援し、仕事をしようという高齢者に対してもしっかり背中を後押ししてくれています。 介護、福祉の取り組みは当たり前と言えば当たり前なのです。

プラスアルファーとして国立市は生き甲斐作りのプランを積極的に提供してくれると言う感じでしょうか。

 

Copyright © 東京都下 住み心地、働きやすさガイド. All rights reserved.